ここ最近、もともと重かったこのブログがさらに重くなってしまって、ちょっとでも高速化しようと思って色々と試してみました。

以前インストールしたものの、あまり変わらなかったので使っていなかったLazy Loadを有効化したり、Unveil Lazy Loadを試してみたり。

結局それらでは全然変わらなかったので、ずっと入れていなかったキャッシュ系プラグインを使ってみることにしました。

※追記:DB Cache Reloaded Fixだけは前々から使っていました。

スポンサーリンク
[adsense]

新しくインストールして有効化したキャッシュ系プラグイン

今回新しく入れてみたのは、WP Fastest Cache、WP File Cache、MO Cache。

ワードプレスが高速化するという話はよく見かけていたので、以前から興味はありましたが、同時に不具合が出るみたいな話もチラホラ見かけたので、キャッシュ系プラグインって何か使うの怖かったんですよね。

実際、今回も最初はWP Fastest CacheではなくWP Super Cacheを入れてみましたが、あまり効果を感じなかった上、アンインストールする際にエラーが出てしましました。

WP Fastest Cacheを試してみようと思って、WP Super Cacheを停止、削除しようとしたらデータベース接続エラーみたいな感じになって、ブログが見られなくなりました。

ワードプレスの管理画面に入ることすらできなくなり、ああやばい、2年続けていたこのブログも終わりか・・・という事態に。

幸い、FTPソフトでいろいろやっていたので、ファイルを元に戻せばブログは見られるし、管理画面にも入れるように戻すことはできましたが、これだとずっとWP Super Cacheを使い続けなくてはなりません。

どうしようかと思っていたら、WP Super Cacheのアンインストールについて詳しく書かれているWebサイトを見つけることができたので、そちらを参考にさせてもらって何とか削除することができました。

参考にさせてもらったサイト⇒http://the-fool.me/wordpress/plugins/wp-super-cache-uninstall.html

他にも書いている人がいますが、WP Super Cacheはアンインストールするのが面倒だし、その際にエラーが出たりもするので、僕みたいなよくわかっていない人は導入する際によく考えた方が良さそうです。

WP Fastest Cacheで高速化

既に書いたように、新しくWP Fastest Cache、WP File Cache、MO Cacheを入れてみたんですが、その中で大きな効果を実感できたのがWP Fastest Cache。

もともとキャッシュ系プラグインを使っていなかったこともあってか、大幅に改善しました。

WP Fastest Cache導入前

以下、GoogleのPageSpeed Insightsでの計測です。
PageSpeed Insights⇒https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

WS000006

WS000007

WP Fastest Cache導入前にもいろいろしてたので、この時点で既にちょっと改善していた可能性もありますが、だいたいこんな感じでした。

WP Fastest Cache導入後

WS000008

WS000009

モバイルが赤でなくなり、パソコンが80台と数値が改善しています。
ただ、大幅な改善とまではいえない感じ。


次に、導入後のGTmetrixの数値。
GTmetrix⇒http://gtmetrix.com/

WS000010

A、Cと(このブログにしては)めちゃくちゃ良い結果になりました。

こちらは、大幅に改善したと言っていいと思います。
それまではC、Dとかだったので・・・。自分のサイトでAとか初めて見ました。


WP Fastest CacheはWP Super Cacheとは違って、.htaccessに何か書き加えたりといったことはないはずなので、アンインストールする際に不具合もたぶん出ないと思うし、おすすめです。

※すでにページキャッシュ?プラグインを入れている場合はそちらを停止する必要があると思いますし、それがWP Super Cacheである場合には、上に書いたようにエラーが出たりはします。

WP Fastest Cacheの使い方

使い方と言っても、実際には大したことしてなかったりしますが・・・。

まずはいつも通り、プラグインの新規追加から「WP Fastest Cache」を検索してインストール、有効化します。

管理画面の左サイドにWP Fastest Cacheが出てくるのでクリック。

WS000014

チェックできるところは全部チェック、最後の言語のところを日本語にして「変更を保存」。
僕がしたのはほとんどこれだけです。

Head Cleanerの停止

Head Cleanerとは役割が被るところが多いためか、相性が良くないようです。

WS000011

Head Cleanerを「メタタグ”generator”を削除」だけチェックにしても画像のような状態に。
仕方ないので、Head Cleanerを停止、アンインストールしました。


以上です。

ずっと試していなかったキャッシュ系プラグインですが、驚くほどの効果がありました。
WP Fastest Cacheは、持ってるサイト全部に入れて試してみようかと思っています。

本当はサーバーを変えるのが一番効果ありそうなんだけど、ドメイン移管とかしたことないし、ちょっと前に更新してコアサーバーとの契約が来年の6月まで残っているのでやめました。

あの時はこんなに重くなるなんて思っていなかったしね・・・。

あと、ちょっと調べてみると、CORESERVER(CORE-A)よりVALUESERVERの方が値段も安い上に性能もほぼ変わらない(むしろCPUとかに関しては上)みたいな意見が多くあってめちゃくちゃショック・・・。

コアサーバーの更新じゃなくてバリューサーバーの新規契約をした方が良かったかな。
同じ会社だからドメインをちょっと設定するだけでよさそうだし。たぶんだけど。