Tumblr(タンブラー)の始め方に続いて、Tumblrの使い方、楽しみ方なるものを書いてみます。
もちろん楽しみ方は人それぞれなので、主に使い方の説明になってしまうと思いますが。

また、Tumblrとよく似たツールとしてTwitter(ツイッター)があります。
ツイッターと同じ様な部分が多いので、説明もツイッターと比較したものになると思います。

なので、ツイッターをやったことがない方には少しわかりづらくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
[adsense]

Tumblrはブログ付きのTwitterのようなもの

WordPressだけじゃなくTumblrも始めてみるという記事にも書きましたが、Tumblrはツイッターに凄くよく似ています。

むしろ、iPhoneなどのスマホアプリでTumblrを楽しむ場合、ほとんどツイッターと一緒なんじゃないかとすら思ってたりします。

もちろん140文字の字数制限がないし、お気に入りが「スキ」だったり、RT(リツイート)がリブログだったりといった違いはありますが。

ですので、今回はテキスト投稿とか画像投稿のやり方とかそういったものではなくて、Tumblrのブログとは違う部分、ツイッターと同じような部分に焦点を当てて書いていこうと思います。

テキスト投稿のやり方とか、画像投稿の方法とかを書いても仕方ないしね・・・。

TwitterのホームにあたるTumblrのダッシュボード画面

※一応、ツイッターのおすすめユーザー、TumblrのRECOMMENDED BLOGSはモザイク処理してあります。

↓ツイッターのホーム画面
WS000020

黄色く囲った部分がツイッターのTL(タイムライン)で、ここに自分のツイートや自分がフォローしているアカウントのツイートなどが表示されます。

↓Tumblrのダッシュボード画面
WS000021

こちらはTumblrのダッシュボード画面。
Tumblrでもタイムラインと呼んでいいのかどうかはわかりませんが、便宜上TLとしました。

ツイッターと同じく、黄色く囲った部分に自分、または自分のフォローしているアカウントの書いたテキストやアップした画像などが流れてきます。

画像では僕の書いたテキストで埋まってしまっていますが・・・。
Tumblrには140文字の字数制限がないからね。仕方ないね。

また、右サイドバーにある「ファン」はツイッターのフォロワーにあたります。

Twitterのお気に入りにあたるTumblrのスキ

ツイッターでは、後で読み返したいツイート等をお気に入り登録したりしますよね。
これは、Tumblrだと「スキ」にあたります。

ダッシュボード上のタイムラインに流れてきた投稿や、グーグルなどで検索して出てきたTumblrサイトで良いなあと思った記事などに「スキ」をしたりします。

「スキ」をする方法は簡単で、ハートマークをクリック(またはタップ)するだけです。

ダッシュボード画面からなら・・・

WS000016
※画像はTumblr日本語公式

投稿右下のハートマークをクリックすることでスキが行えます。

たまたまグーグル等で検索して出てきたTumblrサイトの記事に「スキ」をしたい場合は、

WS000017

Tumblrサイトの各記事の右上にハートマークが出ていると思うので、これをクリックします。

以上です。
良いと思った記事(テキスト、画像問わず)があれば、気軽に「スキ」をしてしまって問題ないと思います。

TwitterのRT(リツイート)にあたるTumblrのリブログ

ツイッターでは、他人のツイートをRT(リツイート)することで、タイムラインに他人のツイートを流すことができます。

↓こんな感じ。
WS000018

この「曲芸士最強bot」さんのツイートは当然僕のツイートではありませんが、僕がリツイートしたので、「自分のタイムライン」と「自分のフォロワーのタイムライン」にはこのツイートが表示されています。

こういう様に、ツイッターではリツイートをすることで、他人のツイートをタイムラインに流すことができます。

Tumblrにもこれと同じような機能があって、それが「リブログ」です。
「リブログ」することで、他人の投稿をTumblr上のタイムラインに載せることができます。

リブログの方法は、ダッシュボード画面からなら・・・

WS000019

ハートマークの隣にあるボタンをクリックすると、リブログできる画面になるので、その画面で「リブログ」をクリックすることで行えます。

たまたまグーグル等で検索して出てきたTumblrサイトの記事に「リブログ」したい場合は、

WS000017

同じくハートマークの隣にあるリブログボタンをクリックすることで、「リブログ」できるようになります。

リブログの方法は以上です。

Twitterと同じようにフォローしてみる

Tumblrを単純な日記(ブログ)としてだけではなく、SNSとしても楽しみたいという場合には、とりあえず良さげなTumblrアカウントがあったらフォローしてみましょう。

新しくフォローすることでそのアカウントの投稿がタイムラインに載るようになりますし、ツイッターと同じでフォローバック(フォロー返し)されたりします。

投稿しているだけではフォロワーは増えにくいので注意。
と言っても、タグを入れて投稿しているだけで同じ趣味の人からフォローされたりもしますが。

※Tumblrを楽しむ方法はいくつもあると思うので、無理してフォローする必要はありません。
あくまでSNSとして、ツイッターのように楽しみたい場合の話です。

あとがき

長くなりましたが、Tumblr(タンブラー)の使い方、楽しみ方は以上になります。

冒頭にも書いたとおり、楽しみ方は人それぞれなので、ここに書いた「スキ」とか「リブログ」、またフォローなどを一切しないで楽しむというのももちろんありです。

実際僕は「スキ」、「リブログ」をしていませんし・・・。
ツイッターでもふぁぼったりRTしたりあまりしないしね。

それだけでも十分楽しめたりもするので、これからTumblrを始めようかと考えている人は、ぜひ自分に合った楽しみ方を探してみてください。

僕は今このブログ(WordPress)とTwitterとTumblrをやってたりしますが、使い方を分けているのもあって、今のところ一応どれも楽しめてます。