コシュまる降臨:アスタロトにくっついてたキャラが何故か降臨として登場したダンジョン。
難易度は地獄級、超地獄級の2種で5階層。よくあるタイプの降臨です。

ベルゼブブ降臨に出てくるアスタロトのセリフ、「やっちゃえ コシュまる!」がコシュまるっていう名前の初出だと思うけど、そこから降臨にまで格上げ?されたんだから凄いよね。

リーダースキルはアスタロトと組み合わせないと使えないけど、最近の降臨にしては珍しく、スキルが陣(のようなもの)と強力なので、サブとして有用です。
・・・スキル上げは怠いけど。

ちなみに、コシュまるの名前の由来は「悪夢」という意味のフランス語コシュマール(cauchemar)だと思います。たぶん。

スポンサーリンク
[adsense]

今回も使用したのは光ホルスパ。
新しい降臨に行くときはまずホルスだよね、やっぱり。

・・・最近は新降臨に行くのが面倒で挑戦すらしなくなっちゃってるけど笑

image

パーティ詳細:
L白光炎隼神・ホルス
夜刻武神・ツクヨミ+297
覚醒ヘラ・イース+297
光槍の魔術神・オーディン+3
紅蓮華の女傑エキドナ+297

F白光炎隼神・ホルス+297

何の面白みもない、よく使うメンバーですね笑
今回はホルスパを使ってクリアしましたが、育ったアテナパ等があるならそっちの方が簡単だと思います。

1F闇天双極星・ティアマット
image

いきなりメンドクサイ相手です。

まずは先制で「悪龍咆哮」、5ターンの間お邪魔ドロップが落ちてくるようになります。
さらに「ブラインドブレス」で7000ちょいのダメージと暗闇といやらしい攻撃をしてきます。

image

できるだけ最初のターンで大きなダメージを与えて、早めに倒しきるようにしましょう。
ティアマットの攻撃は結構痛いので持久戦はツラいと思います。

2F火炎獄・パイロデーモン、イエローシードラx2
image

普通に攻撃して倒します。
イエローシードラは光属性を吸収してくるので注意。

3F漆黒夜の魔姫・リリス
image

先制の「吸魔の邪眼」で5ターン闇属性吸収、「ポイズンブーケ」で6500程度のダメージ+ドロップを5個毒ドロップに変換してきたりと、非常に嫌な相手。

最初のティアマットもそうだけど、こういうのを相手にするとホルスパで来なきゃよかったと思わされます。

闇ドロップを消さずにワンパンはホルスパでは難しいはずなので、普通にダメージを与えて、最後は上手く闇ドロップを消さずに頑張って倒す・・・しかないです。たぶん。

4F漢気の魔神卿・アモン
image

水属性に加え、300万を超えるHPを持っているので、全っ然敵のHPが減りません。
が、敵の攻撃までに2ターンあるので、コシュまる降臨の中ではラクな相手です。

敵のHPが半分以下になると副属性の光に変わり、「オール・フォー・ミー」で攻撃力が3倍となるので、敵の攻撃前に倒しきるようにします。

5F姫護の魔公子・コシュまる
image

やっときましたコシュまるです。
先制で「コシュまるファンタジー」。4コンボ以下の攻撃が吸収されるようになります。

ただ、ホルスだとそもそも最低4コンボしないとリーダースキルが発生しませんし、それに1コンボ加えるだけなので何の問題もないんじゃないかと思います。

image

威嚇がたまったら威嚇を使い、威嚇が効いている間に敵を倒しきるというホルスパの典型パターンで終了です。HPが半分以下になるまでは木属性なのもあって簡単ですね。

image

無事クリア。
ただ、コシュまるに辿り着くまでが難しいので、他に育ったパーティがあるならそっちにした方が良いと思います。

わざわざホルスパで攻略する意味はあんまりない感じです。

ノーコンシリーズの目次はこちら⇒パズドラ降臨ノーコンクリアシリーズの目次ページ