千葉県長生郡睦沢町の地籍調査説明会に参加してきました。
昨日も書いた通り、実際に睦沢町まで行ったのは初めて。

事前に調べてから行ったものの、睦沢町までの行き方も完全にわかっていたわけではなかったし、説明会の会場の場所もわからなかったしで、なんだかんだ4時間くらいかかりました。

車で遠出をしたのは山梨県の新屋山神社に行った時以来かな。
もちろん睦沢町の方が遠いけど笑

スポンサーリンク
[adsense]

東京湾アクアラインにある海ほたるに寄ったりとか

千葉まで車で行くことなんてほとんど初めてだったりするのもあって、アクアラインも初めて通ったし、海ほたるにも初めて行きました。

image

海ほたるでラーメンでも食べていこうかなと思っていたものの、10時ちょい前だったため開店しておらず断念。

image

ちなみに、海ほたるではオフ会が禁止されているようです。
・・・何かあったの?

睦沢町到着、睦沢町立歴史民俗資料館へ

地籍調査説明会は14時からだったんだけど、だいぶ早く家を出たのもあって、12時30分ぐらいに説明会場に着くことができました。

昼食でも食べて時間を潰そうかなとも思いましたが、携帯で調べてたら1km以内に飲食店は無いとのことだったので、説明会場の隣にある歴史民俗資料館を見学させてもらうことに。

※地籍調査説明会の会場は睦沢ゆうあい館というところでした。

歴史民俗資料館では第二次世界大戦展をやっていて、大鳳の模型とか大淀の模型とか響の模型とかがあってかなり楽しめました。

だいたい何でも楽しめるけど、これほど楽しめたのは艦これをやってたおかげかな笑

じっくり第二次世界大戦展を見ていたら時間が近づいていたので、地籍調査説明会会場へ。

地籍調査とは

そんなこんなで地籍調査説明会に参加。

実は地籍調査が何なのかよくわかってなかったけど、どうやら全国的に行われてるようです。
国土交通省のページ⇒http://gaikuchosa.mlit.go.jp/gaiku/html/info4.html

要は、地租改正に伴い作成された公図(地図に準ずる図面)に代わって、公図を正確な地図へと置き換えるために、土地と土地の境界を確定させ、土地の測量をし直すそうです。

その結果、地籍図という正確な地図が出来上がると。

地籍調査を行わなければ従前の公図のままなので、相続を受けた土地の正確な位置がわからなかったり、公共事業が進まなかったりと、いろいろと不都合があるようです。

地籍調査の費用自体は市町村、都道府県、国が負担するので、土地の所有者に金銭的な負担はありません。

地籍調査の個人的な問題

調査にかかる費用も土地所有者は負わないので、特にデメリットのない地籍調査だけど、個人的には大きな問題が。

というのも、現地立会いと成果の閲覧には土地の所有者(代理可)が出席しなければならないため、最低あと2回は睦沢町まで行かないといけない・・・。

土地の所有者は僕の母だけど、地籍調査の作業は全て平日に行われるので、ほぼ間違いなく僕が行くことになるんですよね。

立会いと成果閲覧に土地所有者の確認が必要なのはそりゃまあ当然なんだけど、近いとは言い難い距離なので何度も行くのは結構ツラい。

片道3~4時間かかるので、一日がかりだし、時間だけじゃなくてお金もかかるし・・・。

現地の確認はできませんでした

土地の確認をしておこうと思って、実際に見に行ってみたんですが、かなり近いところまでは行けたものの、現地の確認には至らず。

よく考えてみたら、山林だからきちんと区切られているわけでもないし、土地勘もないしでわかるわけなかった・・・。一応、役場の人とか現地の人にも聞いてみたんだけど。

次回睦沢町まで行くとしたら現地立会いの時だから、周りの土地の所有者の人とか測量士の人とかと会うことになるはずなので、その時にようやく現地の確認ができるかも。