2、3日前に耳鼻科に行ったんだけど、その時の待ち時間が暇だから何か本でも読もうかなと思って、旭のサクラ書店に行きました。

長編小説を買っても、今は読み終える前に読むのをやめそうだから短編小説にしよう、なんて思いながら本を物色。

ちょうど、大学生の時に読もうかなーと思って読まずに終わった太宰治の人間失格が目に留まったので、人間失格を買うことにしました。

すぐ読める量だけど、耳鼻科の待ち時間ぐらいは優に楽しませてくれそうだったしね。

結局、耳鼻科ではそんなに待つこともなく診てもらえたので、そこでは全然読めなかったんだけど、この量を読まずに放置しておくのも気持ち悪いので、今日一気に読んでしまいました。

久しぶりに読書という読書をした気がする。
量は少ないけど笑

大学生くらいの頃はそこそこ本読んでたりしたんだけど、最近はさっぱりだったので、また本を読むのを習慣にしようかなーなんて思ったりしました。

※大学生の頃は本を読んでいたはずなのに、人間失格すら読んだことなかったのかよ!?というお叱りは無しでお願いします笑