WordPressでTumblrの埋め込み(貼り付け)ができるようになりました

いつからかわからないんだけど、WordPressでTumblrの埋め込み(貼り付け)ができるようになったみたいです。

WordPressを最新版に更新したら、更なる貼り付け(埋め込みだったかな?)が可能に!みたいな感じでアップデートの詳細のところに書いてあって、Tumblrもできるようになったと。

※追記:「さらに多くの埋め込み」でした!↓引用文。

Tumblr.com や Kickstarter のリンクを貼りつけると、魔法のようにエディターに現れます。リリースを重ねるごとにパブリッシングと編集の体験が互いにもっと近づきます。

これは便利!
このブログでもよくかんぱに公式Twitterのツイートを載せたりしてるけど、埋め込みができると本当ラクなんですよね。

張り付ければいいだけだから特に書くこともないんだけど、一応Tumblrの埋め込み方法について書いておきます。

※ちなみにTwitterはこちら⇒WordPressで記事本文にTwitterを埋め込む方法+ウィジェットに貼り付けて表示させる方法

スポンサーリンク
[adsense]

タンブラーの記事をワードプレスの記事本文中に埋め込む方法

Twitterの時と同様、記事本文中にそのままURLを貼り付けるだけでOKです。
個々のツイートの代わりに、Tumblrの個別記事のURLを貼り付ける感じですね。

記事本文中に http://denoloves.tumblr.com/post/113577013961 と入れれば、

http://denoloves.tumblr.com/post/113577013961/ゴッドフェス前半で引いたモンスター-ヤマトタケルが収穫それだけ

といった感じで出てきます。

プラグインなしでTumblrの画像等を表示できるようになったのは非常に助かりますね。

Tumblr(タンブラー)の使い方、楽しみ方

Tumblr(タンブラー)の始め方に続いて、Tumblrの使い方、楽しみ方なるものを書いてみます。
もちろん楽しみ方は人それぞれなので、主に使い方の説明になってしまうと思いますが。

また、Tumblrとよく似たツールとしてTwitter(ツイッター)があります。
ツイッターと同じ様な部分が多いので、説明もツイッターと比較したものになると思います。

なので、ツイッターをやったことがない方には少しわかりづらくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
[adsense]

Tumblrはブログ付きのTwitterのようなもの

WordPressだけじゃなくTumblrも始めてみるという記事にも書きましたが、Tumblrはツイッターに凄くよく似ています。

むしろ、iPhoneなどのスマホアプリでTumblrを楽しむ場合、ほとんどツイッターと一緒なんじゃないかとすら思ってたりします。

もちろん140文字の字数制限がないし、お気に入りが「スキ」だったり、RT(リツイート)がリブログだったりといった違いはありますが。

ですので、今回はテキスト投稿とか画像投稿のやり方とかそういったものではなくて、Tumblrのブログとは違う部分、ツイッターと同じような部分に焦点を当てて書いていこうと思います。

テキスト投稿のやり方とか、画像投稿の方法とかを書いても仕方ないしね・・・。

TwitterのホームにあたるTumblrのダッシュボード画面

※一応、ツイッターのおすすめユーザー、TumblrのRECOMMENDED BLOGSはモザイク処理してあります。

↓ツイッターのホーム画面
WS000020

黄色く囲った部分がツイッターのTL(タイムライン)で、ここに自分のツイートや自分がフォローしているアカウントのツイートなどが表示されます。

↓Tumblrのダッシュボード画面
WS000021

こちらはTumblrのダッシュボード画面。
Tumblrでもタイムラインと呼んでいいのかどうかはわかりませんが、便宜上TLとしました。

ツイッターと同じく、黄色く囲った部分に自分、または自分のフォローしているアカウントの書いたテキストやアップした画像などが流れてきます。

画像では僕の書いたテキストで埋まってしまっていますが・・・。
Tumblrには140文字の字数制限がないからね。仕方ないね。

また、右サイドバーにある「ファン」はツイッターのフォロワーにあたります。

Twitterのお気に入りにあたるTumblrのスキ

ツイッターでは、後で読み返したいツイート等をお気に入り登録したりしますよね。
これは、Tumblrだと「スキ」にあたります。

ダッシュボード上のタイムラインに流れてきた投稿や、グーグルなどで検索して出てきたTumblrサイトで良いなあと思った記事などに「スキ」をしたりします。

「スキ」をする方法は簡単で、ハートマークをクリック(またはタップ)するだけです。

ダッシュボード画面からなら・・・

WS000016
※画像はTumblr日本語公式

投稿右下のハートマークをクリックすることでスキが行えます。

たまたまグーグル等で検索して出てきたTumblrサイトの記事に「スキ」をしたい場合は、

WS000017

Tumblrサイトの各記事の右上にハートマークが出ていると思うので、これをクリックします。

以上です。
良いと思った記事(テキスト、画像問わず)があれば、気軽に「スキ」をしてしまって問題ないと思います。

TwitterのRT(リツイート)にあたるTumblrのリブログ

ツイッターでは、他人のツイートをRT(リツイート)することで、タイムラインに他人のツイートを流すことができます。

↓こんな感じ。
WS000018

この「曲芸士最強bot」さんのツイートは当然僕のツイートではありませんが、僕がリツイートしたので、「自分のタイムライン」と「自分のフォロワーのタイムライン」にはこのツイートが表示されています。

こういう様に、ツイッターではリツイートをすることで、他人のツイートをタイムラインに流すことができます。

Tumblrにもこれと同じような機能があって、それが「リブログ」です。
「リブログ」することで、他人の投稿をTumblr上のタイムラインに載せることができます。

リブログの方法は、ダッシュボード画面からなら・・・

WS000019

ハートマークの隣にあるボタンをクリックすると、リブログできる画面になるので、その画面で「リブログ」をクリックすることで行えます。

たまたまグーグル等で検索して出てきたTumblrサイトの記事に「リブログ」したい場合は、

WS000017

同じくハートマークの隣にあるリブログボタンをクリックすることで、「リブログ」できるようになります。

リブログの方法は以上です。

Twitterと同じようにフォローしてみる

Tumblrを単純な日記(ブログ)としてだけではなく、SNSとしても楽しみたいという場合には、とりあえず良さげなTumblrアカウントがあったらフォローしてみましょう。

新しくフォローすることでそのアカウントの投稿がタイムラインに載るようになりますし、ツイッターと同じでフォローバック(フォロー返し)されたりします。

投稿しているだけではフォロワーは増えにくいので注意。
と言っても、タグを入れて投稿しているだけで同じ趣味の人からフォローされたりもしますが。

※Tumblrを楽しむ方法はいくつもあると思うので、無理してフォローする必要はありません。
あくまでSNSとして、ツイッターのように楽しみたい場合の話です。

あとがき

長くなりましたが、Tumblr(タンブラー)の使い方、楽しみ方は以上になります。

冒頭にも書いたとおり、楽しみ方は人それぞれなので、ここに書いた「スキ」とか「リブログ」、またフォローなどを一切しないで楽しむというのももちろんありです。

実際僕は「スキ」、「リブログ」をしていませんし・・・。
ツイッターでもふぁぼったりRTしたりあまりしないしね。

それだけでも十分楽しめたりもするので、これからTumblrを始めようかと考えている人は、ぜひ自分に合った楽しみ方を探してみてください。

僕は今このブログ(WordPress)とTwitterとTumblrをやってたりしますが、使い方を分けているのもあって、今のところ一応どれも楽しめてます。

Tumblrのテーマ決定とカスタマイズをした話

先日作ったTumblr(タンブラー)ブログ。
新しくブログを作る際に毎回迷うのがテーマ(ブログのデザイン)だったりします。

前書いたように、Tumblrは特に良デザインが多くてどのテーマにするか悩みました。

テキスト主体、画像アップがメインなど、どういうブログにするかによって最初に選ぶテーマも変わってくるかと思いますが、僕はやっぱりこのブログをずっと続けているのもあって、グローバルメニュー、右サイドバーのあるデザインがいいなあと思っていました。

ただ、シンプルなTumblrテーマはいくつもあるものの、「グローバルメニュー」、「右サイドバー」の2つの条件を満たすテーマはそれほど多くなく・・・。

グローバルメニューはタイトルの下じゃなきゃ嫌なんていう個人的なこだわりもあって、
全然テーマが決まりませんでした。

結局、Minimalという人気テーマがシンプルで自分の希望に一番近かったので、これを使わせていただくことにしました。

Tumblrテーマ「Minimal」⇒https://www.tumblr.com/theme/10375

Tumblrには珍しい?右サイドバーのあるテーマ。グローバルメニューはデフォルトだとタイトル上にあるんだけど、カスタマイズすればタイトル下にできそうだったしね。

グローバルメニュー以外にも、いろいろと変更したい部分があったので、その都度カスタマイズしていきました。

かなり大変だったのもあって、我ながらよくできたんじゃないかと思ってます。
自分で言うかって感じなんだけど、それだけ難しかったということで・・・笑

カスタマイズ後のTumblrブログ⇒The indescribable moments-Tumblr

カスタマイズを行った部分については以下。

スポンサーリンク
[adsense]

カスタマイズの状況

↓カスタマイズ後のブログはこんな感じ。
WS000014

↓カスタマイズ前のデフォルト(Minimal)テーマはこんな感じ。
WS000016

実際に行ったカスタマイズ

画像じゃわかりにくいけど、結構オリジナルのテーマとは変えてあります。
後々カスタマイズ方法をまとめて記事にするかもしれないので、実際に行ったMinimalテーマカスタマイズをここに書いておきます。

・デフォルトだとグローバルメニューがタイトル上にあったのでタイトル下にグローバルメニューを落とす
・タイトルのフォントサイズ変更とタイトル周りの余白を調整
・ライクボタン、リブログボタンの設置
・記事タイトルをh3からh2へと変更(SEOのため)
・h2タグの装飾
・フォントをメイリオへと変更
・各記事の文末(タグの後)の余白の調整
・記事ページにコメント(DISQUS)を追加→トップページからのリンク、「0 commment」は削る
・ディスクリプションをタイトル下に来るように位置替え(デフォルトだと右サイドバーのABOUT内の文章に対応)※現在(2015.2.16)はブログ説明文に何も書いていない状態
・右サイドバーに最近の投稿(RECENT ENTRIES)を追加
・右サイドバーにカテゴリー(CATEGORY)を追加※正確にはタグをカテゴリーに見せたもの
・右サイドバーにPhoto投稿のサムネイル一覧(PHOTO)を追加
・右サイドバーにツイッター(TWITTER)を追加
・右サイドバーにタグクラウド(TAG CLOUD)を追加

以上、こんな感じです。

全世界で1億以上のTumblrブログがある割には、Tumblrのカスタマイズについて書いているWebサイトはそこまで多くありませんでした。※見たのはあくまで日本語で書かれたサイトだけ。

僕のiPhone 5Sでも、WordPressは「わーどぷれす」って打ち込むと「WordPress」が出てくるのに対して、Tumblrは「たんぶらー」って打っても出てこないから、やっぱり日本ではまだそこまで流行ってないのかも。

Tumblr(タンブラー)の始め方

記事にするまでもないぐらい簡単なんですが、一応Tumblrの始め方をまとめておきます。
ちなみに作ったTumblrのURLはこちら⇒http://denoloves.tumblr.com/

スポンサーリンク
[adsense]

Tumblrの公式サイトへ行きます

まずはTumblrの公式サイトへ行きます⇒https://www.tumblr.com/

WS000043

公式サイトへ飛んだら、
・Eメール
・お好きなパスワード
・お好きなユーザー名
を入力して「登録」をクリック(またはタップ)。

WS000044

急に年齢を聞かれて驚きますが、年齢を入力します。年齢制限のためなのかな?
Tumblrの利用規約を読んで理解して同意したら、左のボックスをチェックして「次へ」。

WS000045

「私はロボットではありません」をチェックして完了です。
これでTumblrアカウントができたはずです。

Twitter同様、「Tumblrへようこそ!! まずは5つ以上のブログをフォローしてみよう」という画面が出てきますが、フォローしたくなければ右下の「スキップ」で構いません。

その後、

最後の注意点: 登録したメールアドレスに確認のメールを送信しました。メールの指示にしたがって登録手続きを完了してください。 (確認メールを再送信する)

と画面に表示されるはずなので、登録したメールアドレスから手続きをして完了です。

外観等を編集したい場合

WS000046

左のプロフィール画像にマウスをあわせると、このような画面になるので「外観を編集」をクリックします。

WS000047

出てきたこの画面でさらに「外観を編集」をクリックすることで、プロフィール画像やサイトタイトル、ディスクリプション等を変更できます。

WS000050

テーマを変更したい場合

テーマを変更したい場合は「テーマの編集」をクリック。

WS000051

「テーマを見る」→「さらにテーマを検索」と進めば、Tumblr公式のテーマページに行けます。
もちろん最初からテーマのページに飛んじゃってもOK⇒https://www.tumblr.com/themes

Tumblrには魅力的なテーマがたくさんあります

Tumblrには無料のものから有料のものまで、魅力的なテーマがたくさんあります。
良いなと思ったテーマは有料だったりもしますが・・・。

ちなみに、WordPressだけじゃなくてTumblrも始めてみるでも紹介した、水野美紀さんのサイトにはSingle Aという無料のテーマが使われています。※2015年2月現在。

Single A⇒https://www.tumblr.com/theme/28638

 

以上です。

テキスト主体の普通のブログはもちろん、画像やイラストを載せるブログにしたり、リブログ主体のブログにしたり、企業用サイトにしたり・・・などなど、Tumblrの使い方はいろいろあると思います。

今のところ僕はInstagramと連携させてTumblrを使おうかなーなんて思ってたりしてます。

WordPressだけじゃなくTumblrも始めてみる

最近よく聞くTumblr(タンブラー)。
過去何度かタンブラーについて調べたことがあるんだけど、正直よくわかりませんでした。

SNS付きのブログだとかミニブログだとか、Instagramと相性が良いとか。
あと、TwitterのRT(リツイート)的なものもあるそうです。

やっぱり使ってみないとわからない部分もあると思うので、この際だから始めてみることにしました。ずっと興味はあったしね。

スポンサーリンク
[adsense]

実はWordPressよりTumblrの方がブログ数が多い?

このブログはWordPress(ワードプレス)でできているんだけど、どうやら調べてみるとWordPressでできたブログよりもTumblrの方がブログ数は多いそうです。

本当?

ちなみにグーグル検索してみると、
WordPressは約 1,030,000,000 件、
Tumblerは約 776,000,000 件と出てきました。

検索結果だけだと何とも言えませんが、日本だとTumblrよりWordPressを使っている人の方が多いような気もするので、世界規模で考えるとTumblrの方が多いってことなのかな?

あとWordPressはブログだけじゃなくて企業のWebサイトにも使われているし・・・なんて思っていたら、Tumblrも使われているみたいです。尚更違いがよくわからない笑

※追記:どうやらTumblrブログは1億以上あるそうです。凄すぎ・・・。
1アカウントで複数ブログを作れることも大きく関係していそうです。

有名人のTumblrブログ

Tumblrで有名人のアカウントを調べてみると、だいたい紹介されているのが水野美紀さんのオフィシャルウェブサイト⇒http://mikimizuno.com/

見てみると、2カラム右サイドバーの普通のブログみたいな形になっています。

芸能人のオフィシャルウェブサイト以外にも、有名なTumblrブログはもちろんあると思うんだけど、リンクを張って紹介していいのかイマイチわからなかったのでやめました・・・。

最初は http://denoloves.tumblr.com/ みたいに、tumblr.comのサブドメインみたいな形でしか運用できないのかと思っていましたが、独自ドメインも設定できるようです。

上にあげた水野美紀さんのオフィシャルウェブサイトも http://mikimizuno.com/ となっていて、独自ドメインで運用されてますよね。

で、結局Tumblrって何?

ミニブログ(マイクロブログ)です。
無料のブログサービスという点では、アメブロとかライブドアブログとかと同じです。

ただ、TumblrにはTwitterのようにTL(タイムライン)があって、他のブログをフォローすることによってタイムライン上に他ブログの投稿を表示させることができたりと、通常のブログサービスではできないことができたりもします。

この辺が冒頭にあげたSNS付きのブログだと言われる所以ですね。
なので、個人的にはブログ付きのTwitterという説明がしっくりくるような気がしてます。

また、世界で流行っているブログサービスだけあって数多くのテーマがあるんですが、良いデザインが多いなーと思いました。

HTMLをいじれないと、他のブログサービスよりカスタマイズは難しそうですが・・・。
ちなみに僕はHTMLがほとんどわからないので、Tumblrはほぼカスタマイズできません。

Tumblrは簡単にブログが作れます

また、Tumblrは簡単にブログを作ることができます。
どれぐらい簡単かと言うと、Twitterと同じぐらいです。

30秒で登録できますって書いてあるとおり、本当に30秒ぐらいでできちゃいます。
作り方についても書いたので、こちらをどうぞ⇒Tumblr(タンブラー)の始め方

WordPressとTumblrの違い

Tumblrでいろいろやってみて感じた、WordPressとTumblrの違いについても書こうかと思いましたが、長くなってしまったので今回はこの辺で。

続きはまた今度書こうと思います。
この記事に追記するか、別記事にしてアップするかは未定です。