CORESERVERのサーバーアカウントにサブドメイン設定して英訳ブログを始めようとして挫折した話

ふと、このブログの英訳ブログでも作ろうかなーなんて思い、何で始めようかと考えた結果、やっぱりワードプレスがいい!

けど、ただの英訳ブログだし、わざわざ独自ドメインを取るほどでもない。

そこで考えたのが、サーバーアカウントにサブドメインを割り当てて、そこにワードプレスを入れて英訳ブログを運営するというもの。

スポンサーリンク
[adsense]

以前もどこかの記事で書いたけど、このサイトはバリュードメインで独自ドメインを取って、それをコアサーバーで運用しています。

今回やったのはそれではなくて、サーバーアカウントにサブドメインを設定して、そこにワードプレスを入れるという方法。

新しく独自ドメインを取ったり、すでに取得している独自ドメインにサブドメインを設定したというわけではないです。

書いてて思ったんだけど、やっぱり実際に見た方が早いと思うのでリンクを張ります。

作ったサイト⇒http://denoloves.coresv.com/

レンタルサーバーを借りたら、ドメインを新しく取らなくても、そのサーバーアカウントにサブドメインを設定して自分で使えるようにしたりできたりするよね。

正確に言うと、サーバー会社側が持っているドメインにサブドメインを設定する・・・かな?

この場合も、coresv.comっていうドメインをコアサーバー側が持っていて、そこにサブドメインをしたって感じですね。たぶん。

denolovesっていうのはもちろん僕が付けました。

コアサーバーのサーバーアカウントにサブドメインを設定する方法

「サーバーアカウントにサブアカウントを設定する」っていう言い方もわかりづらいけど、そう書いてあるのでそう言うことにします。

1.バリュードメインからメニューを開いて「CORESERVERアカウントの登録・管理・購入」をクリック

2.「変更できるCORESERVERアカウント」の項に自分が借りているサーバーが表示されていると思うので、サブドメイン設定したいサーバーの「サブドメイン」をクリック

3.新しく設定するサブドメインのところに好きな文字列を入れて、自分のサブドメイン運用したいドメインを指定する

選べるドメインは13種です。
好きなドメインを選びましょう。

4.変更できるCORESERVERアカウントの項にある「サーバー設定」のところの「ウェブ」をクリックして入室する

5.ドメイン情報入力画面でSubのどこかに3で設定したサブドメインを入れる

↓こんな感じで。
WS000003

以上でコアサーバーのサーバーアカウントにサブドメインを設定する方法は終わりです。

英訳ブログを挫折した話

サーバーアカウントにサブドメインの設定ができたので、同じようにワードプレスをインストールして英訳ブログを作ってはみたんですが・・・。

 

さすがに英訳作業がダルすぎて無理でした。

 

グーグル翻訳に突っ込んでそれをそのまま突っ込めばいいかなーなんて思ってたけど、そんな簡単な話じゃなかった。

そりゃみんなやらないはずだよね。

とりあえずヘラ降臨 地獄級をシヴァでノーコンクリアを英訳しようとして、2Fぐらいまでいったところであまりにも面倒すぎて止めました。

ノーコンとか、そのままグーグル翻訳に突っ込むとNokonとかになっちゃうし。
他の翻訳を使うとBad controlになったり・・・笑

まあそりゃノーコンっていったらno contorolの意味で使う人の方が多いだろうしね。
やっぱり他の言語に翻訳するっていうのは大変だなと実感しました。

CORESERVERでPhpMyAdminをインストール、PhpMyAdminにログインする方法

コアサーバーにPhpMyAdminをインストールするための、ほとんど自分用メモです。

このブログ、The indescribable momentsはコアサーバーにワードプレスをインストールして運営しています。

毎度のことながら運営っていうほどのことはしてないけど、そこは置いておいて笑

コアサーバーってちょっと初心者には敷居が高くて、ワードプレスの自動インストールもないし、サポートも自分で解決できるような技術的なことだと対応してくれなかったりするらしいんですよね。

サポートに関してはよくわかりませんが、ワードプレスのインストールぐらいだと、詳しく教えてくれたりってことはおそらくしてくれないとは思います。

そんなに難しいことでもないですしね。

スポンサーリンク
[adsense]

けど、初めて借りたレンタルサーバーがコアサーバーで、初めて取った独自ドメインがバリュードメインだった僕は相当苦労した覚えあります・・・。

FTPクライアントって何?DNSって何?っていう状態だったので。
周りに詳しい人もいなかったし・・・。

なんでそんな奴がコアサーバーにしたんだよ?って話ではあるんですが笑
(金額にしては)大容量だし、価格も安いしで魅力的に見えたんですよね。

何もわからないところから調べて、ワードプレスでブログぐらいなら始められるぐらいにはなったので、結果としては良かったのかな。

自動インストールで済ませちゃってたら、FTPソフトでのアップロードとかで絶対躓いてたと思うし・・・。

まあそんなこんなで、今のところは特に不満もなく利用できているコアサーバーでしたが、初心者すぎる僕は今の今までphpMyAdminをインストールしていませんでした・・・

過去にもphpMyAdminにログインしてみたいなーと思ったことはあったんですが、「どこにあるの?」状態だったんですよね・・・。馬鹿すぎ・・・。

ということで、今後のためにもphpMyAdminのインストール方法、ログイン方法を書いておきます。

前置き長かったですね。すみません笑

CORESERVERにPhpMyAdminをインストールする

1.まずはコアサーバーにログインします
※バリュードメインからなら、メニュー→CORESERVERアカウントの登録・管理・購入→サーバー設定のところの「ウェブ」→「入室」でログインします。

2.「左メニューからデータベース」をクリック

3.PhpMyAdmin自動インストール(MySQL管理) のところにある「インストール」をクリックする

※「データベース」の画面を下の方にスクロールすると、「PhpMyAdmin/PhpPgAdminインストール」という項目があります。こんなところにあったんですね。知らなかった・・・。

4.「PhpMyAdminをインストールしますが宜しいでしょうか?宜しければOKを押して下さい」という画面が出るので、「OK」を押します

CORESERVERでPhpMyAdminにログインする

1.インストールが終わるまでに数分かかるので、数分待ちます

2.「インストール」の隣にある「ログイン」をクリック

3.ログインする際に「ユーザ名とパスワードを入力してください」と言われるので、認証用の「ユーザー名」と「パスワード」をそれぞれ入力します

※認証用のユーザー名、パスワードは「PhpMyAdmin/PhpPgAdminインストール」の項に書かれているものです。

4.phpMyAdminのログイン画面が出てくるので、データベースの「ユーザー名」、「パスワード」を入力してログインします

↓phpMyAdminのログイン画面
WS000002

※データベースのユーザー名、パスワードであることに注意してください。

以上がコアサーバーでPhpMyAdminをインストール、PhpMyAdminにログインする方法になります。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

FileZillaでCORESERVERにSFTP接続する方法

前回書いたように、FTPクライアントをFileZillaに戻しました。

で、どうせならSFTP接続にしようかなーと思って、実際にSFTP接続してみました。

FileZillaはSFTP接続にも対応してるからね。
もちろんWinSCPも対応してるんだけど。

やり方自体は凄い簡単です。
なんで今までやらなかったのか・・・。

ちなみに記事タイトルにあるように、サーバーはコアサーバーです。
僕が使っているのがコアサーバーなので。

スポンサーリンク
[adsense]

CORESERVERでSSH登録する

CORESERVERだと、設定をしないとSFTP接続できません。
※他のサーバーは試してないのでわかりません。

設定といってもとても簡単で、「SSH登録」をすれば良いだけです。

1.コアサーバーにログインします。

2.左サイドの管理メニューの中にある「ホスト情報登録」をクリック。

3.FTP登録、SSH登録のうち、「SSH登録」をクリック。

4.5分程度待つ。

これだけです。

「※ 登録後、5分程度でに接続できるようになります。」とあるように、反映するまでちょっとだけ時間がかかります。

また、「※ 30日間、同じIPアドレスからの接続を許可します。30日を越えると接続できなくなります。再度登録しなおしてください。」の通り、30日経ったら登録しなおす必要があります。

その時はまた1.からやり直すだけなので、大した手間はかかりません。

FileZillaでSFTP接続する

1.5分程度経過後、FileZillaを起動します。

2.接続するときに押すボタン(左上のやつ)をクリック。
※左上の「ファイル」→「サイト マネージャ」でも可。

3.開いたウインドウ(サイト マネージャ)の「一般」タブの中にある「プロトコル」を「FTP」から「SFTP」に変更する。

4.接続する。

終わり。
これでSFTP接続できます。簡単です。

CORESERVERにWordPressをインストールする方法

実はこのブログ、バリュードメインでドメインを取って、コアサーバーでワードプレスをインストールして運営しています。

初心者過ぎるのにコアサーバーを使っているという・・・笑

このブログを始めてからは、あまり手持ちのサイトを増やしたりといったことはなかったんだけど、今後またワードプレスでサイトを作ったりするかもしれないので、作り方を忘れてしまわないように、ここにメモしておこうと思います。

あくまで個人用メモの意味合いが強いので、文字だけだし簡略化してます。

スポンサーリンク
[adsense]

1.CORESERVERでデータベース(MySQL)を作る

コアサーバーに行って、データベース(MySQL)を作成する。
文字コードはUNICODE。
CORESERVER⇒http://www.coreserver.jp/

2.WordPressのダウンロード、解凍

ダウンロード→解凍。
WordPress 日本語ローカルサイト⇒http://ja.wordpress.org/

3.wp-config.phpの作成

wp-config-sample.phpをちょっといじってwp-config.phpを作る。
メモ帳以外のTeraPadとかで編集する。

WordPress のためのデータベース名、MySQL データベースのユーザー名は、1.で作成したDB/ユーザー名を入れる。

MySQL データベースのパスワードは、1.で作成した際のパスワード。
MySQL のホスト名は何も変更しない。

認証用ユニークキーは、https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/からコピペ。

名前はwp-config(.php)にして保存。

4.WordPressをCORESERVER上にアップロード

ワードプレスの中身だけ全て持って行ってアップロード。
ファイルごと持って行っちゃうと、URLの最後がwordpress/とかになってしまう。

5.WordPressをインストール

ワードプレスをインストールしたドメインに行くと、インストールプロセスが始まる。
サイト名、ユーザー名等を入力して「WordPressをインストール」をクリック。

以上でワードプレスのインストールは終了。

必要なことだけ書きなぐったけど、もしワードプレスのインストールをしたことがなかったら、自分一人だとこれだけじゃ絶対インストールできてないだろうな・・・笑